News

2022.06.14

2022 BIO International Conventionにセルージョン代表羽藤が登壇

株式会社セルージョン(本社:東京、以下、セルージョン)の代表羽藤が、2022年6月13日から16日まで米国・サンディエゴにて開催中の2022 BIO International Conventionにおいて、カンパニープレゼンテーションを実施いたしました。本コンベンションはバイオ分野(再生医療、創薬、創薬支援等)において世界最大級のビジネスマッチングイベントです。セルージョンはこのような国際イベントを通じネットワークを広げることで、水疱性角膜症の治療を目的とするiPS細胞を利用した角膜内皮再生医療開発のグローバル展開を推進してまいります。

セルージョン 代表羽藤のプレゼンテーション

2022 BIO International Conventionについてはこちらをご覧ください。
https://www.bio.org/events/bio-international-convention

会場の様子

[水疱性角膜症(よみ:すいほうせいかくまくしょう)について]
水疱性角膜症は、白内障などの目の手術や遺伝性の要因により角膜の一番内側で角膜内の水分を適切な量に調節している角膜内皮細胞が減り、その機能に不具合がおきることで、角膜が水膨れし、混濁により視力障害を起こす病気です。この病気は進行性で、治療せずに放っておくと失明にいたります。現在は正常な機能を持つ角膜内皮細胞を角膜移植で補う治療でしかこの病気を治療することはできません。しかしながら、他の臓器移植同様、角膜移植も深刻なドナー不足問題に直面しています。日本にも1万人以上の患者がいると推定されており、また2013年に行われた世界的な調査では、世界中に1300万人ほどの角膜移植待機患者がいると報告されています。

[セルージョンについて]
セルージョンは慶應義塾大学医学部眼科学教室発の再生医療ベンチャーです。iPS細胞から角膜内皮代替細胞を効率的に作り出す独自技術などの特許技術を基に、世界の角膜移植課題をはじめとした、現在の医学が抱えるアンメットメディカルニーズの解消を最先端の細胞治療技術により解決し、全世界の健康福祉向上への貢献をめざしています。

※アンメットメディカルニーズ:いまだ満たされていない医療ニーズのことで、有効な治療方法が現在もない疾患などがその代表例

商号 :株式会社セルージョン
代表者 :代表取締役社長 羽藤晋
所在地 :東京都中央区日本橋室町一丁目13番7号
設立 : 2015年1月
URL : https://cellusion.jp/

本件に関するお問い合わせは、ホームページ下部にあるお問い合わせ欄からお願いいたします。

COPYRIGHT CELLUSION ALL RIGHTS RESERVED.